7月9日にスタートしたフジテレビ系月9ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査」。沢村一樹(51)、柄本時生(28)、上戸彩(32)といった錚々たるメンツのなかで、新たな魅力を開花させているのが本田翼(26)。今回、彼女は“ドS”女性を演じているのだ。

 

本田演じる小田切唯は、見た目とは裏腹に荒っぽい性格で格闘技のプロ。横山裕(37)演じる8歳上の先輩にタメ口で話し、女性経験の乏しさを嘲笑うことも。さらにアクションシーンでは、男性犯罪者の股間に“金的”を食らわせ「スカッとする」と発言する役柄だ。

 

本田が演じる新たな一面に、男性からは《毎回視聴決定》との声が。女性ファンも《絶対零度の本田翼ちゃんみたくなりたい》と絶賛している。

 

そんな役柄とは裏腹に、実際の本田といえばド天然キャラでお馴染みだ。

 

「本田さんはバラエティ番組で『興味ないでしょ?』と訊ねられた際に、素直に肯いてしまうなど天然エピソードは多いんです。ただそんな天然力のお陰で、難しい役にも物怖じせず挑戦できるようです。過去の撮影現場では『10分しかない』というセリフを『時間は充分』と言い間違えたという逸話もありますが、そんなところもスタッフから愛されていますね」(テレビ局関係者)

 

新たな魅力をこれからも見せて欲しい!