観月ありさ(41)がプロデュースするリーディングコンサート「座・ALISA」第2弾の制作発表を8月1日に開き、その様子を各スポーツ紙が報じた。

 

同公演は友人の死をきっかけに集まった40代の3人の女性が、歌に情熱を注ぐ物語。観月は「40代からでも、人生やればできるというエールを送りたい」と意気込み、40代に入ってから肉体改造に取りかかったことも明かしたという。

 

観月といえば、15年3月に建設関連会社社長の青山光司(46)と結婚。「幸せ太りもあるんでしょうか?ちょっと太っていた」と告白し、さらに「素敵な50代を迎えるために3カ月で体脂肪率を6%落とし、20代の体に戻した」というのだ。

 

「青山さんは観月さんに仕事に打ち込んでほしいという思いから、『家事は一切やらなくてもいい』と伝えているそうです。そのため結婚当初は2人での外食デートが多く、観月さんはついつい飲みすぎ・食べ過ぎを繰り返してしまったようです」(テレビ局関係者)

 

10代からバリバリ第一線で活躍していた観月。今年は27年連続のドラマ主演をこなすことになったが、ここまで第一線で来られたのはワケがある。それは肉体改造発言からもわかるように、絶妙なオンとオフの切り替えができるのだ。

 

「彼女はもともとあまり運動が好きではなく、仕事が入っていないとエクサイズを積極的に行わないタイプ。ところが仕事となると一変して、徹底的に追い込んでボディメイクをしてから撮影現場に入るそうです。並々ならぬプロ根性の持ち主です」(芸能記者)

 

今後、ボディメイク関連の仕事のオファーもありそうだ。