木村拓哉(45)が、セガゲームスの新作『JUDGE EYES:死神の遺言』の主演に起用されると各メディアが報じた。ネット上では本人そっくりのCGが、早速話題を呼んでいる。

 

同ゲームは、プレイステーション4の完全新作で、殺人事件の謎を解明していくリーガル・サスペンスアクション。木村のほかに、俳優の谷原章介(46)、ピエール瀧(51)、滝藤賢一(41)、中尾彬(76)ら豪華キャストが名を連ねる。木村は、主人公・八神隆之の声を演じる。

 

9月10日配信のライブショーイベント「PlayStation LineUp Tour」にてゲームのリリースが発表されると、Twitterではたちまち「キムタク」がトレンド入り。驚きの声が上がっていた。

 

《まさかキムタクを操作できるとは思わなかったなw》

《「キムタクが主人公のゲーム」って「どういう事?」って思って調べてみたらキムタクが画面の中で戦ってて「どういう事?」ってなった》

 

また製作は、今までも豪華キャストを起用している「龍が如くスタジオ」が手掛けることから、「キムタクが如く」という愛称もさっそく生まれている。

 

《キムタクが如くとかやるしかないやん!!めっちゃ面白そう!》

《キムタクが如くって語呂よすぎてタイトル忘れた》

 

同ゲームは9月10日より先行体験版が配信され、12月13日に発売予定。映画のような豪華キャストがどんなストーリーを織りなすのか、期待が高まる。