9月13日、X JAPAN・YOSHIKI(年齢非公表)が都内の日本外国特派員協会で会見を行った。そこでニューアルバムのレコーディングが終了し、完成したことを発表。リリース日については「未定」と具体的な言及は避けた。

 

年内に発売された場合、1996年発表の『DAHLIA』以来22年ぶりのオリジナルアルバムの発売となる。待望の新アルバムに歓喜しているファンが多いと思いきや、発売に懐疑的なファンも少なからずいるという。

 

2007年のX JAPAN再結成以降、YOSHIKIは度々アルバムが制作中であることを発表していた。2011年に行った会見では『99.5%は出来上がっている。年内には出す予定』と明かすも、結果発売されず。その後も幾度となく完成間近であると語りながらも、発売されることはなかった。

 

「これまで何度もアナウンスされてきましたが、完成と言ったのは今回が初めて。今年はアメリカの有名フェスに出演し、今月末も日本で単独公演を行うなどバンド活動が活発化しています。今度こそ信じていいとは思うのですが……」(レコード会社関係者)

 

今回の発表を受けてネット上では《店頭に並んでいるのをこの目で見るまで絶対に信じない》《ずっと待っていたので本当に嬉しい!平成が終わるまでには出してくれるよね??》と期待と不安の入り混じった声で溢れている。

 

YOSHIKIの言葉を信じて、来るべき時に備えて心待ちにしていよう――。