9月18日、シンガーソングライター・岡崎体育(29)が10月よりスタートする朝の連続ドラマ『まんぷく』(NHK総合)に出演すると発表された。

 

今作で連続ドラマ初出演となった岡崎は、『まんぷく』の公式サイトで《『存在するだけで鼻につく』という天性の才能を活かして、生意気なキャラクターを演じられるよう尽力しますので、温かい目と冷ややかな目の両方で見守っていただけると幸いです》とユーモアあふれるコメントを出している。

 

進駐軍に逮捕された長谷川博己(41)演じる立花萬平たちが収監された雑居房で、その動向や発言を監視するMP(軍警察)を演じるという岡崎。カリフォルニア生まれだが、大阪生まれの日本語を話す役どころだ。

 

報道を受け、ネット上ではドラマ内で岡崎の代表曲とのシンクロが期待されているという。

 

というのも岡崎は以前、自身のツイッターで“冷蔵庫に貼ってあるなんの変哲もない日本語のメモ書きを英語風に読む”という動画を投稿。そのユニークな内容に、22万件近く拡散されるなど瞬く間に大きなバズを生んでいた。さらにその後、動画の拡張版ともいえる全編英語風に聞こえる日本語詞の曲『Natural Lips』まで制作。『MUSIC STATION』(テレビ朝日系)でも披露するなど、大きな盛り上がりを見せていた。

 

そのためネット上では《岡崎体育が日本語に聞こえる英語や英語に見える日本を話すところまで見えた》《岡崎さんの役柄ってあの動画からの採用なのかな》などの声が。“持ち曲と朝ドラとの夢のコラボレーション”を望む声が溢れているのだ。

 

発表後にツイッターで《朝ドラで役者をやらせてもらいます。来シーズンはヒロインも狙っています》と綴った岡崎。個性派俳優として活躍する未来も近いかも!?