昨年7月に死去した作曲家の平尾昌晃さんの遺産をめぐり、昌晃さんの3番目の妻、2番目の妻との間の息子である歌手の平尾勇気(37)がバトルを繰り広げている。

 

各メディアによると、3番目の妻は平尾さん死去後の昨年10月に音楽出版管理会社「平尾昌晃音楽事務所」の代表取締役社長に就任。 だが勇気が今月20日付で職務執行停止の仮処分を申し立て、東京地裁が21日に受理したというのだ。

 

勇気は25日に弁護士らを伴い都内で会見。3番目の妻に対して「法律に基づいて、彼女が悪いことをやってるんであればちゃんと罪を償うべき」と怒りをあらわにしたという。

 

この会見を受け、勇気の兄である平尾亜希矢氏(39)が各局の情報番組の取材に応じている。亜希矢氏は3番目の妻と勇気が対立するに至った経緯を説明。さらに2人の確執について「(勇気が)チャラ男になってからダメだった」と明かした。

 

「勇気さんは15年5月、芸能人が反省して禊ぎをすることでおなじみのバラエティー番組『有吉反省会』に出演。チャラすぎる私生活を“反省”しました。ところが黒サングラスに赤ジャケット姿で肌は小麦色。トークでは飲食代について“謎のスポンサー”が出していることを明かすなど、スタジオではチャラいキャラで大盛り上がりだったのですが……」(テレビ局関係者)

 

そのとき勇気は、まさか確執に発展するとは夢にも思わなかったことだろう。