10月から英・ロンドンに留学するタレントのウエンツ瑛士(32)が9月25日、レギュラーを務める日本テレビ系『火曜サプライズ』の2時間SPに出演。留学前最後のロケに俳優の小栗旬(35)をゲストで迎え、本音トークを繰り広げた。

 

この日は、留学により芸能活動を休止するウエンツが、普段から親交が深いという小栗とサシ飲みをする様子が放送された。小栗から「ほんとうに留学決断したのはいつ?」と聞かれたウエンツは「1年~1年半前くらい」と告白。留学を考えていたころは「いろんな人の言葉が勝手に響いてた」と明かし、「(小栗に)『せっかくそういう顔をしているのに何で海外で挑戦しないの?』と言われたことをすごく覚えている」と回顧した。

 

留学先では演劇を勉強すると公表しているが、「ウエンツをキャスティングするのは難しい。ウエンツ瑛士というキャラクターが強いから、映画とかドラマにでても“ウエンツが出てきた感”がある」と互いを知っている小栗だからこその意見も。そして「俺は新しいことにチャレンジすることがすごい苦手なの。臆病者で小心者だから。だからこそウエンツが今回挑戦するというのは俺からすると超パワーになる」とエールを送った。

 

さらに留学の話題は続き「なんでいい時期に留学するの?このまま安泰じゃん……みたいなことでしょ?」と追及すると、「今がピークだと思ってないんだよね」と本音を明かしたウエンツ。それを聞いた小栗も「35歳のおっさんが何ってんだと思われるかもしれないけど、俺も、もっとチャンスあると思っている」と大きくうなずいた。

 

最後は小栗が「留学から帰ってきたときに火曜サプライズが続いてたら、ふたりで全編英語で話そうぜ」と約束していた。

 

2人の熱いトークはSNSでも話題に。「ウエンツと小栗旬の会話すごくよかった」「心にしみる!」「真面目な話してる2人かっこいい!」と好評を呼んでいる。