アニメ映画「ムタフカズ」(西見祥示郎監督、10月12日公開)の完成披露イベントが9月26日に都内で行われ、日本語吹き替え版の声優をつとめた草なぎ剛(44)や柄本時生(28)、満島真之介(29)らが舞台あいさつを行った。

 

各スポーツ紙によるとアフレコは別々で、3人はこの日が初対面だったとのこと。満島が「こんなに草なぎさん面白い人だったんだ」と言うと、草なぎは「サンキューベリーマッスル!」と答えるなどかなりのハイテンションだったという。

 

「満島さんといえば、初対面の人でもかなり“距離”が近いことで知られています。ドラマや映画で共演した木村拓哉さんも大のお気に入りだと聞きました。草なぎさんや柄本さんとも楽屋でたちまち意気投合していたそうです」(イベント関係者)

 

姉で女優の満島ひかり(32)の活躍にあこがれて芸能界入りしたという満島。今年公開された映画4本に出演し、来年のNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」への出演が決定。今やすっかり姉をしのぐ勢いの活躍ぶりだ。俳優としてすっかり売れっ子になったが、実は「ムタフカズ」では“歌手デビュー”を果たしていたという。

 

「満島さんは草なぎが声優を担当したアンジェリーノの友人・ウィリー役で、エンディングテーマを歌うアーティスト名はwilly a.k.a Shinnosuke Mitsusimaで楽曲名は『The King of DMC』。本編のアフレコ中、満島さんがアドリブでラップを披露。なかなかのデキだったので、西見監督が『歌っちゃう?』とオファーしたところ満島さんはノリノリで快諾したそうです。その歌唱力とリズム感はかなりのもの。YouTubeにも動画がアップされているので、今後は視聴回数も伸びるのではないでしょうか」(イベントを取材した記者)

 

今後、俳優と歌手の“二刀流”での活躍も期待できそうだ。