ヒロミ(53)MCの新番組「アオハル(青春)TV」が来年1月からフジテレビ系日曜午後9時枠で放送されると、一部スポーツ紙が報じた。

 

記事によると同番組は、いくつになっても青春時代のように輝いている人を発掘するドキュメントバラエティー。ヒロミが同局系のゴールデンタイム番組でMCを務めるのは、15年ぶりとなるという。

 

「ヒロミさんといえば『有吉ゼミ』(日本テレビ系)や『バイキング』(フジテレビ系)、『東大王』(TBS系)などキー局・地方局合わせて8本のレギュラー・準レギュラーを持つ売れっ子。フジは坂上忍さんを重宝していますが、同じような“毒”を持つヒロミさんのことも高く買っています。そのため、テコ入れが必要な新番組を任せることにしたようです」(テレビ局関係者)

 

15年ぶりの大役とあって、ヒロミも並々ならぬ覚悟を持ってオファーを受けたはず。だが新番組の放送枠には“因縁”があるというのだ。

 

「ヒロミさんは同枠で96年10月にスタートした生活情報番組『発掘!あるある大事典』のMCをつとめていました。ところが04年3月いっぱいで突然、降板。理由については堺正章さんとの確執などが書き立てられ、一時期芸能活動を休止。『干されたのでは』と噂にもなっていました。ところが後に、活動休止の理由として親友の放送作家の急逝があったと明らかになりました」(芸能記者)

 

新番組が成功すれば、フジからさらなるオファーが舞い込みそうだ。

関連タグ: