サザンオールスターズの桑田佳祐(62)が12月2日、『平成三十年度! 第三回ひとり紅白歌合戦』の最終公演をパシフィコ横浜で行った。

 

昭和から平成まで55の名曲を3時間45分にわたって熱唱した桑田。西城秀樹さんやさくらももこさんに捧げたメドレー、巨大衣装で披露した美空ひばりさんの『愛燦燦』などが話題を呼んだ。

 

ワイドショーではあまり触れられることがなかったが、もう一つ観客をどよめかせた出来事があった。

 

「ちょうど8時を過ぎたころ、『8時だよ! 全員集合!』の掛け声とともにサザンのメンバーが登場しました。カラフルなハッピ姿で5人がステージに並び、誰もがドリフの曲を歌うと思ったそのときに『世界に一つだけの花』が始まりました。会場では割れんばかりの歓声が上がりました」(音楽関係者)

 

SMAP最大のヒット曲である『世界に一つだけの花』。サザンの5人は、歌唱力に定評のある原由子(61)や松田弘(62)だけでなく、ほとんどボーカルをとることがない関口和之(62)や野沢秀行(64)も熱唱。サビの振り付けでは会場が一体となった。

 

歌番組でも共演していたサザンとSMAP。桑田は自身のラジオ番組でたびたびSMAPの楽曲を弾き語りしており、原由子は’97年に香取慎吾(41)とデュエット曲『みんないい子』をリリースしている。

 

「サザンの5人はあえてSMAPについては言及せず、歌に徹しているようでした。それでも桑田さんは歌い終えて『ドリフがSMAPを歌う。格好いいね』と一言つぶやき、笑顔を見せていました」(前出・音楽関係者)

 

Twitter上ではSMAPのファンから《サザン5人でSMAPのあの大ヒット曲歌ってくれた!!泣いた》《もう涙しかなかった》と感動の声が。

 

ライブ終盤には桑田のメッセージがスクリーンに映された。それは「流行歌。ヒット曲。大衆と、ほどよくがっぷり四つに組み、あらたな音楽を作り続けていくことを、私は辞めないだろう」という、大衆音楽作家としての矜持を示した言葉だった。

 

アイドルでありながら「平成のドリフ」とも呼ばれたこともあるSMAP。サザンによる『世界に一つだけの花』の熱唱は、ともに「大衆音楽」を支えた同志へのリスペクトがこめられていたのだろうか。