福山雅治 初の銀行員役で期待される俳優人生27年の演技力

歌手で俳優の福山雅治(49)が4月スタートのTBS系日曜劇場「集団左遷!!(仮)」に主演すると、一部スポーツ紙が報じた。

 

福山のドラマ主演は2016年4月期のフジテレビ系「ラヴソング」以来、3年ぶり。「下町ロケット」など数々のヒット作を生み出してきた日曜劇場で主演をつとめるのは初となる。

 

記事によるとドラマは江波戸哲夫氏(72)の小説「新装版 銀行支店長」と「集団左遷」が原作。銀行の支店長として廃店候補店に赴任した福山演じる主人公が、仲間とともに巨大組織の理不尽に立ち向かう物語。福山は初めての銀行員を演じるという。

 

「TBSの看板ドラマ枠だけに、総力を結集しての制作になるでしょう。共演者として発表されているのは、福山が10年に主演したNHKの大河ドラマ『龍馬伝』で共演した香川照之(53)のみ。今後も、豪華キャスト陣が続々と発表されることになりそうです」(テレビ局関係者)

 

福山といえば「ラヴソング」ではミュージシャン、代表作となった「ガリレオ」シリーズでは天才物理学者、映画「SCOOP!」ではパパラッチのカメラマン役など、濃いキャラを演じることが多かった。

 

しかし今回は銀行員役。当然、オフィスでのシーンが多くなりそうだが……。

 

「キャラの濃い役だと、どうしてもキャラの方にばかり目がいってしまう。その点では、今度の役では91年の俳優デビューから培って来た演技力を存分に堪能できそうです」(芸能記者)

 

高視聴率、そして続編の制作への期待も高まりそうだ。

関連カテゴリー: