松本人志に物申せないフジ「いつまた問題が…」と不安の声

フジテレビの宮内正喜社長(74)が1月25日に都内で定例社長会見を行い、13日に放送された「ワイドナショー」での松本人志(55)の発言について言及した。

 

この日の番組ではNGT48の山口真帆(23)の暴行被害騒動を取り上げ、HKT48・指原莉乃(26)はグループの運営を批判。その際に松本が指原に対して「そこはお得意の体を使って何とかするとか」と言及。これに対してネット上では「セクハラだ!」など批判の声が上がっていた。

 

「騒動になったことを受けて指原さんは自身のTwitterで〈松本さんが干されますように!!!〉と書き込み、笑いを取ろうとする“大人の対応”をみせました。しかしそれでも騒動は収束せず、フジ側の対応が注目されていました」(放送担当記者)

 

スポーツ各紙によると、宮内社長はこの件について「出演者同士の関係性からくるやり取りだが、視聴者の受け止め方は多様化しているので時代の変化に敏感でなければ」などとコメントしたという。

 

またそれを受け担当役員は「放送するかしないかの議論が行われた。編集権と放送責任は我々。放送しても大丈夫だと思ったが、そう思わない視聴者もいる」と“責任”の所在を明らかにしたというのだ。

 

「20日の放送で松本さんは『基本的にこの番組は、ボクの言うことをできるだけカットせずに使っていきたいという暗黙の了解というか、決めてはないですけど、そういう番組』と説明しています。要は、フジは松本に物申せないということ。この体勢が続く限り再発防止は難しそうですし、『いつまた問題が……』と不安の声が上がっています」(芸能記者)

 

再びトラブル勃発、なんてことにならなければいいが……。

関連カテゴリー: