嵐の活動休止に芸能界困惑…ムロのツイートに24万いいねも

嵐が1月27日、20年12月31日をもって活動を休止するとファンクラブサイトで発表。さらに同日夜、メンバー5人揃っての会見を都内で行った。

 

会見で大野智(38)は今回の休止について「自由に生活がしてみたい」という自身の気持ちがキッカケだったと告白。また「何度も何度も話し合いを重ねて、期限を決めて活動休止することになりました」と報告した。

 

いっぽう「解散ではないのか」と報道陣からの質問が浮上した際には、松本潤(35)が「解散ではない」と即答。さらに相葉雅紀(36)が「まだ嵐を巻き起こせてない。リーダーが同じ方向を向いたときには……」と大野を見ると、「巻き起こしちゃいますか」と大野は笑みを浮かべた。

 

会見の和やかな雰囲気もあり、「休止」はグループの未来を見据えた決断にもみえる。とはいえ、ネットは騒然。さらに俳優たちも、驚きが隠せないようだ。

 

ムロツヨシ(43)は同日、Twitterを更新。「そかぁ、できる限り、しやがれ、しないとなぁ、でていかなきゃなぁ、」とツイート。嵐の冠番組であり、自身も出演経験のある「嵐にしやがれ」(日本テレビ系)にちなんだつぶやきだと思われる。そのため嵐ファンも反応。《嵐×ムロツヨシって 最高にファン笑わせてくれる コンビなんです》《嵐が活動再開するときも出てください それでムロさんからおかえりって言ってほしいです》といったリプライが。現在同ツイートは1日たらずで、4万回以上のリツイートと24万5,000回近い「いいね」を記録している。

 

またかねてから嵐のファンであると公言している綾野剛(37)も28日、自身のInstagramを更新。「五つの愛」と切り出し、「全ては無限ではない。有限である。きちんと受け止め、ゆっくりゆっくり向き合っていきます」とコメントした。

 

“嵐について”と明言はされていないものの「同じ時代に生きてる事を私は誇りに思います。感謝と愛を込めて。♯5×20」と綴られており、デビュー20周年を迎える嵐への思いを込めたもののようだ。

 

また各メディアによると「嵐にしやがれ」や「VS嵐」(フジテレビ系)といった番組で共演を果たしている、米倉涼子(43)も嵐の休止について言及。28日に都内で行われた会見に出席した米倉は、嵐の決断について「残念ですし、寂しいですけど、すごく大きな決断だと思うので、私も応援したいです」とコメント。さらに「でも、まだ終わってないですもんね。しっかり頑張って」とエールを送ったという。

 

「嵐は芸能界でもファンが多く、また20年にも及ぶ活動歴からたくさんの方々から慕われています。テレビでずっと見ていたからこそ、共演した際の喜びも大きい存在。だからこそ今回の休止について、芸能界でも衝撃が大きいようです」(テレビ局関係者)

関連カテゴリー: