Negicco Nao☆「結婚後もアイドル続投」宣言が持つ重大な意義

2月25日、アイドルグループNegiccoのNao☆(30)が31歳の誕生日である4月10日に入籍することを公式サイトで発表した。相手は3人組の人気バンド・空想委員会のベーシストである岡田典之で、ライブでの共演をきっかけに親交を深めていったという。Nao☆は公式サイトで結婚への思いをこう語った。

 

「15歳から始めたNegiccoの活動。人生の半分を過ぎた自分の節目の年は精一杯Negiccoの活動に専念させていただき、31歳でまた新しい一つのスタートをきりたいと思いました」

 

この決断にファンから《Naoちゃん本当におめでとう!!》《幸せになってね》と祝福の声が多数寄せられていた。

 

Negiccoの所属事務所社長である熊倉氏も同サイトで「Nao☆が、結婚という扉を3人の中で最初に押してくれたのは素晴らしいことだ。本当におめでたいことだと思う。伴侶ができて、また新しい人生観が生まれる。人が羨むような幸せな家庭を築いて欲しいと切に思っています。自分が幸せにならないと人に幸せを語れないからね。父ちゃんも応援しています」と心からのエールを贈っている。

 

また今回の結婚で注目されているのが、Nao☆が結婚後もアイドルを続けていくと宣言していることだ。

 

プロインタビュアーの吉田豪氏はツイッターで《30歳を過ぎても結婚してもアイドルを続けていくのは理想的な形だけど、その理想を現実にするのはかなり困難なはずだし、本人たちは自然体すぎてすごさを一切感じないけど、キャリアの長さも含めてNegiccoって実は前人未到の領域に入っているグループなんだと思います。おめでとうネギネギ!》と両立する凄さを激賞。ネット上でも《アイドルを続けながら結婚という道を切り開いたNaoちゃんは本当にすごい》《ファンから祝福される実例を作ったNaoさんは本当にスターだ》といった声が相次いだ。

 

「日本において現役アイドルが結婚するのはとてもハードルが高い。ここ最近では早見あかりさん(23)や篠田麻里子さん(32)が結婚を発表しましたが、すべてグループから脱退後のこと。イベント中に結婚を発表した元NMB48の須藤凜々花さん(22)は大きな反発にあいました。日本では女性アイドルに“処女性”を求める傾向が強く、熱愛が発覚しただけで大幅にファンが減ることも珍しくありません。須藤さんとNao☆さんが結婚した年齢が違うので一概には言えませんが、そんな状況のなかでアイドルと結婚を両立していくNao☆さんの存在はアイドル業界に一石を投じたといえるでしょう」(アイドル誌編集者)