天海祐希の直訴で実現!4月「緊急取調室」に大杉漣さん出演

「人気ドラマ『緊急取調室』(テレビ朝日系)の新作が、この4月から始まるんです。大杉さんは生前、『ドラマや映画でもだいたい自分が一番歳上なのが当たり前だけど、緊急取調室には同世代の俳優がたくさんいる。現場が楽しくて仕方がないよ!』と話していました。だから今回の放送も、天国で楽しみにしているのではないでしょうか」(ドラマ関係者)

 

天海祐希(51)主演の『緊急取調室』(テレビ朝日系)、通称 “キントリ”は容疑者との心理戦で知られる人気ドラマだ。14年にスタートし、17年には第2シーズンが放送。今回で、シリーズ3作目となる。ただその間には、あまりに悲しいできごともあった。昨年2月21日、ドラマに出演していた大杉漣さん(享年66)が急性心不全のためこの世を去ったのだ。だが訃報からちょうど1年。実は、その大杉さんが“出演”するという。

 

「大杉さん演じるベテラン刑事の中田善次郎は、退職したという設定になっています。そのため出演は写真や過去の回想シーンで登場する予定です。その穴を埋める役に抜てきされたのは、塚地武雅さん(47)。退職前の大杉さんに接点があり、それが縁で代わりに配属されるという展開です。ただ台本はまだ1話しかできあがっていませんが、大杉さんは2話目以降も要所要所で登場することになりそうです」(前出・ドラマ関係者)

 

実は、この演出を後押ししたのは他でもない主演の天海だったという。

 

「大杉さんが亡くなる前の時点で、今回の続編計画は決定していたんです。大杉さんは撮影を心待ちにしていました。天海さんはその思いを知っていました。だから『もう一度、漣さんと“共演”したい!』とスタッフに直談判。その提案があったからこそ、今回のサプライズ出演が実現したのです」(前出・ドラマ関係者)

 

天海にとって、大杉さんの存在は大きかったようだ。過去の撮影現場でも、2人の仲むつまじい様子がたびたび目撃されていた。

 

「天海さんは、大杉さんをとても慕っていました。現場で大杉さんを中心におじさん集団が話していると、しょっちゅう天海さんがその輪に加わっていくんです。おじさんたちの会話なので、健康や病気の話ばかり。にもかかわらず天海さんは『血圧を下げるのは何がいいの?』と質問をして、大杉さんに話しかけていました。ときには『私、すごくセリフが多いの。だから漣さん、代わりに言ってよ~』なんて冗談を言うことも。大杉さんは『いつも祐希ちゃんから元気をもらえるよ』と言って笑っていました」(前出・ドラマ関係者)

 

そんな彼女のことが、大杉さんも大好きだった。シーズンが終わっても交流は続いていたようだ。

 

「“キントリ”のメンバーはみな人気俳優なので、なかなか全員で集まれる機会はありませんでした。それでも天海さんはみんなとスケジュールを合わせて、年に数回は集まっていたそうです。それだけに訃報を聞いたときの天海さんは、かなりショックを受けていました。あまりに落ち込んでいて、周囲も声をかけられないほどだったそうです」(前出・ドラマ関係者)

 

そんな彼女を奮い立たせるできごとがあった。昨年10月、大杉さんの初プロデュース作品であり最後の主演となった映画『教誨師』の公開だ。天海はこんなコメントを寄せている。

 

《漣さんの、優しくも鋭い矢で心の真ん中を射られた気がした。真っ直ぐ、誠実な瞳で漣さんが見ていた事、そして伝えたかった事が今、ここに残っている。もう一度、漣さんに触れられた様な、そんな気がした》

 

大杉さんは、今も作品のなかで生きている――。そう実感した天海は、動き出した。

 

「クランクイン直前に“決起集会”が開かれました。天海さんはそこでもスタッフ全員を集めて、『大杉漣さんとの“共演”です。しっかりやりましょう!』とお願いしたのです。あまりにも真剣な表情でそう語る天海さんの姿に、スタッフも涙ぐんでいましたね。前作から2年ぶりとあって、しばらくは撮影も忙しくなりそうです。でもみんなで『少し落ち着いたら、漣さんをしのぶ会でもやりたいね』と話しています」(前出・ドラマ関係者)

関連カテゴリー: