嵐 早くも休止特番争奪戦が勃発!日テレ4時間、フジは6時間

「活動休止まで1年10カ月を切った嵐ですが、すでにテレビ局の間で“嵐特番”の争奪戦が始まっています」(テレビ局関係者)

 

20年12月31日をもってグループでの活動休止を発表した嵐。今、各局こぞって来年末に放送する嵐の特番制作に向けて動き出しているという。

 

「『嵐にしやがれ』を放送中の日本テレビは、来年12月下旬に4時間の特番を準備しています。嵐の歩みを振り返り、放送された思い出シーンやオンエアできなかったVTRなどを事前収録で放送予定です。番組の最後だけ生放送にして、嵐メドレーなどを歌ってもらう案も出ています」(制作関係者)

 

そんな日テレより、さらに長尺を予定しているのはフジテレビ。

 

「『VS嵐』を放送中のフジは、16時から22時までの6時間特番で話を進めています。日テレの特番より後の放送となりそうです。こちらは生放送で、これまでのダイジェスト的なVTRで振り返りながら、メンバーにいろいろと思い出などを語ってもらう予定です。最後に“5人の心に残るもの”という企画が考えられていて、“思い出作り”の一環として、お台場に花火を打ち上げるという構想も浮上しています」(前出・制作関係者)

 

そして20年12月31日には、NHK『紅白歌合戦』の出演がすでに決定的。NHK関係者は言う。

 

「メンバー5人での司会案など、嵐一色の『紅白』になりそうです。歌手としての出演時間は最低15分、最長で25分を考えています」

 

『紅白』が嵐の見納めかと思いきや、実はその後にも――。

 

「大みそかから元日にかけて東京ドームで行われる恒例の『ジャニーズカウントダウンコンサート』、通称“カウコン”に、来年末も嵐の出演が検討されています。『紅白』終わりに会場入りし、最後は5人全員でファンに直接、感謝の言葉を伝えたいという思いがメンバーには強いようです」(音楽関係者)

 

昨年末で引退した滝沢秀明(36)も、カウントダウンコンサートに「タッキー&翼」としてサプライズ出演している。

 

「“カウコン”は23時に開演し、通常、フジの生放送は23時45分から24時45分まで。フジが日テレより嵐の特番を後に放送できるのは、この番組を持っているためなのです。昨年はデビュー20周年を迎えるスペシャルメドレーを披露し、会場を大いに盛り上げました。来年末は史上最大の盛り上がりとなるはずです」(前出・音楽関係者)

関連カテゴリー: