キンコン西野 TOYOTAクラウンをデザイン、仕上がりに賛否

3月11日、お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣(38)が、都内でトヨタ自動車とコラボ企画した『TOYOTA×西野亮廣 ニシノクラウン』のお披露目会が行われた。西野がクラウンの限定デザインを手がけたことで、Yahoo!トレンドランキングに「ニシノクラウン」がランクインし話題となっている。

 

今回のコラボは、アーティスト、イノベーターとしての西野へ、TOYOTAサイドからオファーしたことで実現。西野は、2018年6月に発売となった15代目となる新型クラウンのデザインを手掛けた。

 

『革新』をテーマにデザインがオーダーされたという西野は、10日に更新したブログでデザインについてつづった。

 

『革新』と聞いて、真っ先に頭に出てきたのは「ナポレオン」だったとし、「新型クラウンには『燃費の良さ』と『走行性能』という「二本の武器」があるということ」を知り、「二本の角を持つ想像上の生き物の『バイコーン(Bicorn) 』を思い浮かべた」という。

 

また、ナポレオンが被っている帽子の名がバイコーンだったことから「新型クラウンの色はナポレオンが被っている帽子の『ネイビー×ゴールド』」にしたと明かした。

 

今回の制作過程では、西野が主催する日本最大級のオンラインサロン『西野亮廣エンタメ研究所』の会員約2万2,000人の意見を取り入れ過程から面白いエンターテイメントとしてプロジェクトを進行させたしていったという。

 

ネットでは「うおおお!ニシノクラウンごっつカッコエエ!!思ってるよりトーンが明るくなったけど、ナポレオン×バイコーンのロイヤル感出てる」「うん、かっこいい!!ふつうにほしい!!」と絶賛するコメントもみられるが、好感度低い芸人の名残か「クラウンに汚名ですやん!」「うわぁ…なんとなく流行りの人に好きなようにやらせた感満載(笑)センス無し」と厳しいコメントもみられ、賛否両論の意見が飛び交いつつも話題となっている。

 

ニシノクラウンは、12日から17日まで東京・表参道ヒルズにて展示される。

関連カテゴリー: