中居正広 ジャニーズ残留!独立説囁かれるも3月に結論の理由
この日も打ち上げ会場にはお笑い芸人の山崎弘也(43)らが駆け付けていた。

冷たい雨が降る3月初旬の午後10時半。傘を差しながら急ぎ足で都内の飲食店に入っていく中居正広(46)の姿があった。3月末で終了する冠番組『中居正広の身になる図書館』(テレビ朝日系)の最後の収録を終え、打ち上げが行われていたのだ。

 

中居といえば、『ナカイの窓』(日本テレビ系)も3月末で終了。同時に2つの冠番組がなくなることから“事務所独立説”が一部で報じられていたが――。

 

「本来ならば6月までに契約更改の意思表示をすればいいのですが、中居さんは3月に入ってすぐ“事務所に残る”と伝えたそうです」(芸能関係者)

 

中居がこれほどかたく“残留”を決意した理由は何なのか。

 

「中居さんは今後も司会業を続けていきたいという思いが強いんです。2つの冠番組が終わりますが、どちらの局も4月から中居さんの新番組をスタートさせます。中居さんはいまからやる気満々で、スタッフと念入りな打ち合わせを重ねているといいます。20年の東京五輪でキャスターを務めることも長年の夢だったそうです」(前出・テレビ局関係者)

 

もう1つ残留の後押しとなったのが、Kis-My-Ft2をはじめとする後輩育成だという。

 

「『身になる図書館』の後番組は、後輩のキスマイが仕切ることに決まっています。実は中居さん自ら『キスマイにやらせてあげてほしい』と推薦したようです。そんな彼らを置き去りにして独立するわけにはいかないと考えたのでしょう」(前出・芸能関係者)

 

この日も会場には共演者のKis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔(31)、玉森裕太(28)、北山宏光(33)とお笑い芸人の山崎弘也(43)らが駆け付けていた。

 

「宴会は深夜2時まで続いたそうです。中居さんはキスマイのメンバーに司会業へのこだわりを語り、『これからはお前らの番だから頑張れよ!』と激励していたといいます」(番組関係者)

 

“生涯、ジャニーズで”! こう笑顔で結論づけた裏には、後輩への並々ならぬ愛があった。