NGT48山口真帆 埋まらなかった溝…会見中に怒りの書き込み

NGT48メンバーの山口真帆(23)が昨年12月に男性2人から暴行される被害を受けた騒動。NGT48の運営会社であるAKSが3月22日に新潟県内で会見を行い、第三者委員会による調査報告を発表した。

 

調査結果は21日に公表されていたが、改めて行われた会見。AKSの運営責任者兼取締役・松村匠氏、NGT48劇場支配人・早川麻依子氏らが出席した。

 

会見では集まった記者たちから山口の今後についての質問が。早川氏は「今、それを話し合っています。運営としては続けてほしい」と活動継続を望んでいた。しかし報告書を見せた際の山口の反応について早川氏は「『私が言ったことがちゃんと書いてないじゃない』という不満を持っておりました」などと明かした。

 

「調査結果ではファンとの私的領域での接触、いわゆる『つながり』があったメンバー12人の名前が浮上したという。だが『責任を問われるべきは組織運営』だとして、“風紀の乱れ”については不問になりました」(芸能記者)

 

そんな会見の内容を山口は見ていたようだ。午後2時過ぎ、約2カ月ぶりに自身のツイッターを更新。《松村匠取締役は第三者委員会が行われる前に「繋がっているメンバーを全員解雇する」と私に約束しました》《私は松村匠取締役に1月10日の謝罪を要求されました》《証拠がないと仰っていますが、犯人グループとの交際を認めたメンバーもいます》など、約3時間の会見中5回に渡って書き込み怒りをあらわにしたのだ。

 

「ツイッターが更新されるや、記者たちの質問が松村氏に殺到。松村氏は『謝罪は強要していない』と真っ向から否定していました。両者の言い分は真っ向から対立。結局のところ、いまだ埋まらぬ溝を露呈したかたちになってしまいました」(会見に出席した記者)

 

騒動はこれからどこへ向かうのだろうか。

関連タグ: