NGT48が開店休業状態!冠番組消え広告終了、劇場も休館に

山口真帆(23)の暴行被害事件による騒動が収束していないNGT48。新潟のFM局・FM PORTの「PORT DE NGT」が3月30日の放送で終了となったと、同日に番組公式サイトで発表された。

 

NGTは新潟ローカルの地上波テレビ局での冠番組が1つあったが、放送終了。またラジオは3つの冠番組が残っているが、いずれも当面放送を休止中だ。

 

「新潟県民に愛され自治体や企業の絶大なバックアップを受けていたNGTですが、新潟県・新潟市はPRキャラクターへの起用を保留。さらにJR東日本は広告契約を終了してしまいました。NGT48劇場は、4月前半は休館。当面、開店休業状態になってしまっています」(芸能記者)

 

3月29日放送の「ミュージック・ステーション」(テレビ朝日系)にはAKB48が出演。その中にはNGTのメンバーである荻野由佳(20)と中井りか(21)がいたが、歌唱シーンでアップにならず。放送終了後はインターネット上で《意図的にアップにならなかったのでは》などの声が飛び、騒動になった。

 

「SK48の須田亜香里(27)は3月31日に『サンデー・ジャポン』(TBS系)で自身もアップにならなかったと語り『それはないと思います』と否定しています。ただ騒動は別としても、テレビ局がNGTの扱いに関してナーバスになっているのは事実。今後、さらなる影響も予想されるでしょう」(テレビ局関係者)

 

ファンやメンバーのためにも、早く騒動を収束させてほしいものだ。

関連カテゴリー: