伊藤蘭歌手復帰に藤村美樹エール 今も続くキャンディーズの絆

《私のような年齢になってから こんなに素敵な機会を授かった事にただ感謝するばかりです。これから 心も身体も 健やかにいる事を心がけて この11曲の愛しき歌達を 大切に歌っていきたいと 思っています》

 

3月14日、自身のインスタグラムにそう綴ったのは伊藤蘭(64)。キャンディーズ解散以来、41年ぶりの歌手活動再開を発表したのだ。

 

「様々な作家に『今の伊藤蘭に歌わせたい曲』をオファーしたところ、実に110曲が集まったそうです。そこから11曲がデビューアルバムに選ばれ、伊藤さんも3曲で作詞に挑戦しています。6月には東京と大阪でコンサートの開催も決まっています」(音楽関係者)

 

伊藤が「普通の女の子に戻りたい」と解散を宣言し、マイクを置いたのは’78年のこと。2年後に女優として芸能界に復帰するが、歌手活動を再開することはなかった。

 

「去年の春ごろオファーを受けた伊藤さんは『最終列車に飛び乗る感じで挑戦してみよう』と即決したそうです。もちろん、夫の水谷豊さん(66)も『やってみれば』と背中を押したといいます。8年前にはキャンディーズの“スー”こと田中好子さんが55歳の若さで、乳がんで他界しています。伊藤さんも還暦を過ぎ、やり残しておけないという気持ちがあったのではないでしょうか」(スポーツ紙記者)

 

キャンディース解散後も、ラン・スー・ミキの交流は続いていたと芸能プロ関係者は言う。

 

「田中さんのがん闘病が始まってからも、藤村美樹さん(63)と伊藤さんは夫婦ぐるみで何度も集まっていたそうです。お菓子を食べ、お茶を飲みながら、深夜まで語り合うこともあったといいます」

 

キャンディーズ解散後、美樹さんも歌手としてソロ活動をしていた時期もあるが、’83年の結婚を機に芸能界を引退している。伊藤の歌手活動再開のきっかけに美樹さんの存在もあったのだろうか。東京都内に住む美樹さんのもとを訪ねた。

 

――伊藤さんから報告は受けられましたか?

 

「本人から聞きました。『新しい曲を出すのよ』って(笑)。私は『頑張ってね』と伝えました」

 

――コンサートにも行かれますか?

 

「それは、ご想像におまかせします(笑)。でも、連絡はしょっちゅう取り合っているし、会って話すこともありますよ」

 

――美樹さんご自身の復帰は?

 

「アハハ。私はしないですよ」

 

そう言い残すと、笑顔で去っていった。41年の時を経て、再びマイクを握ったラン。エールを送ったミキ。その“絆の微笑がえし”は天国のスーにも届くはず――。