「NEWS23」衝撃の交代劇 要請応じた雨宮アナが3年で降板

4月5日付でテレビ朝日を退社してフリーとなった小川彩佳アナ(34)が、TBS系「NEWS23」のメインキャスターに就任すると7日、同局から正式に発表された。

 

同番組は元TBSでフリーの雨宮塔子アナ(48)と元朝日新聞特別編集委員・星浩氏(63)が2人でメインキャスターを務めているが、6月3日から全面リニューアル。新体制では小川アナが単独でメインを担当し、星氏がアンカーを担当。スタジオセットやタイトルロゴなど、番組全体のデザインを変えて再出発するという。

 

「小川アナのキャスター就任は、テレ朝を辞める前から報じられていました。その時点で“寝耳に水”だったテレ朝幹部は激怒。衝撃の交代劇でしたが、その後は各方面への説明や調整などをクリアにしてようやく発表に至ったようです」(放送担当記者)

 

仏・パリを拠点に、シングルマザーとして2人の子どもの育児と仕事を両立していた雨宮アナ。古巣の要請で、16年7月から同番組のキャスターに就任。しかし、わずか3年で降板することになってしまった。

 

「雨宮アナはエース級の活躍をしていた1999年に突如TBSを退社。その背景に局内での軋轢などがささやかれていました。そして今回も、不本意な形での降板。悲痛な思いでパリへと帰ることになりそうです……」(芸能記者)

関連カテゴリー: