名曲「糸」映画化で期待される中島みゆきのサプライズ計画

中島みゆき(67)の代表曲をモチーフにした映画「糸」(瀬々敬久監督、来年公開)が、菅田将暉(26)と小松菜奈(23)のW主演で製作されると各スポーツ紙が報じている。

 

糸を人に見立て、男女の出会いの奇跡と絆の大切さを歌った同曲。これまで多くのアーティストがカバーしていることでも知られる。

 

各紙によると今作は平成の集大成となる映画として約5年前に企画され、制作サイドが中島にオファー。歌詞の世界観を大切にしながら、入念にプロットを推敲。2年前に中島の快諾を得て、キャストを決定したという。

 

2人が演じるのは平成元年生まれの男女。13歳で出会い別れ平成の終わりに再びめぐり合うまでの、壮大な愛の軌跡が描かれる。

 

「菅田さんは小松さんと映画『溺れるナイフ』(16年)でW主演をつとめたこともあり、気心が知れています。どちらも高い演技力なので、感動作になりそうです。また平成の名曲では『涙そうそう』や『ハナミズキ』をモチーフにした映画が、いずれも大当たりしています。『糸』のヒットもかなり期待されています」(映画関係者)

 

さらに同作では、とんでもないサプライズが実現する可能性もありそうだという。

 

「中島さんが生歌を歌う機会はこれまで2回出場した紅白と、オリジナルのイベント『夜会』ぐらいでした。しかし『糸』は、中島さんにとって思い入れの深い曲。舞台あいさつなどに登場して生歌を歌ったり、PRイベントで稼働する可能性もありそうです。実現すれば、とんでもないサプライズになるでしょう」(レコード会社関係者)

 

作品のみならず、関連イベントまで注目を浴びそうだ。

関連カテゴリー: