海老蔵 勸玄くんと海外へ…NYオファーで動き出した親子の夢
今年1月に会見を開き、'20年に親子W襲名を行うと発表した。

「海外のエージェントから海老蔵さんのもとに『来春、ニューヨークで歌舞伎の公演をやりませんか?』というオファーが来たそうです。海老蔵さんはこれまでも『勸玄といっしょに海外公演を実現させたい』と言っていました。そのため、今回のオファーは彼にとって重要な意味を持っていると思います」(海老蔵を知る芸能関係者)

 

来年5月に十三代目・市川團十郎を襲名する市川海老蔵(41)。長男・勸玄くん(6)も八代目・市川新之助となり、親子同時襲名披露公演に挑む。そんななか、海老蔵のもとにNY公演のオファーが届いていたという。海外公演といえば、04年に父・市川團十郎さん(享年66)が海老蔵の襲名披露公演をパリで行っている。以降も親子で、海外の舞台に立っていた。

 

「團十郎さんは、07年3月にもパリのオペラ座で海老蔵さんと親子公演を開催しています。オペラ座としては初の試みで、大盛況となりました。ただ海外での公演は日本での公演と違い、莫大な費用がかかるのです。しかし海老蔵さんは『リスクを負ってでも海外に!』と主張し続けてきたのです」(前出・海老蔵を知る芸能関係者)

 

海老蔵が思い描く夢。その中心にはもちろん、長男・勸玄くんの存在があるという。

 

「海老蔵さんが父と07年にパリ公演で演じたのは、『勧進帳』。成田屋のお家芸で、彼にとって思い入れの深い演目。そして実は、勸玄くんの“勸”の字は『勧進帳』から取ったものです。團十郎さんは勸玄くんが誕生する約1カ月前に亡くなりました。海老蔵さんは『亡き父の思いを受け継いでほしい』と願って名付けたのだと思います」(梨園関係者)

 

勸玄くんは、そんな父の期待以上に成長している。

 

「先日行われた七月大歌舞伎では、『外郎売』に挑戦。6歳にして、4分間に及ぶ早口言葉をみごと成功させました。また公演期間中には海老蔵さんが急性咽頭炎のため休演しましたが、その間も彼が舞台を立派に務めあげたのです。練習中には演技に納得がいかず、悔し涙を流す一面もあったといいます。そんなストイックな姿勢に、周囲も『もう立派な歌舞伎役者だ』と言って絶賛しています」(前出・梨園関係者)

 

親子で舞台に立った“思い出のパリ公演”から15年――。團十郎さんから海老蔵へ、そして勸玄くんへと思いは受け継がれている。

 

「海老蔵さんのスケジュールは、2年先までほとんど埋まっています。しかも来春は襲名披露公演を控えているほか、東京五輪での歌舞伎披露も行うとみられています。今回のNY公演オファーを実現させることは現実的に難しかったようで、5月になって松竹側が断ったと聞きました。しかし五輪で歌舞伎が披露されれば、海外からの注目度も増えるはず。そうなると、再びオファーがくる可能性も高いと思います。海老蔵さんとしても、近いうちに“リベンジ”を考えていることでしょう」(前出・海老蔵を知る芸能関係者)

関連カテゴリー: