山下智久のコラボシューズ発売 特に中国で爆売れしそうなワケ

山下智久(34)が12月19日、都内で行われたスニーカーブランド「オニツカタイガー」コラボレーションシューズの発表会に出席した。

 

ブランド70周年を記念し、7人のデザイナーとコラボシューズを発売する企画の第7弾。各メディアによると、山下がデザインを手がけたのは白いレザーでハイカットタイプのスニーカー。26日に発売されるという。

 

しなやかさを求めて豚革を使用し、夜道などで反射するリフレクター加工も。こだわりがふんだんに盛り込まれているが、山下は完成度について「95点。あと5点は履いてくれる人に埋めてもらいたい」と話したという。

 

「オニツカタイガーのシューズといえば、03年公開のハリウッド映画『キル・ビル』でユマ・サーマン(49)が着用。世界のセレブたちからも注目を浴びるようになりました。今でもブランド自体に熱烈なファンがいることで知られています」(ファッション関係者)

 

今回、山下がデザインしたシューズの価格は1万8000円(税込み)。早くも日本のファンから絶賛の声が上がっているが、海外でも爆売れしそうだという。

 

「オニツカタイガーは特に中国やタイで大人気。また山下さんの中国版ツイッター・微博(ウェイボー)のフォロワーは173万人を突破しています。そのため中国でも『ファンから注文が殺到しそう。入手困難になるのでは』と見られているそうです」(芸能記者)

関連カテゴリー: