島田紳助抱いていた老いへの恐怖 若く見られたいと思うように

1月13日、島田紳助(63)がmisono(35)のYouTubeチャンネルに動画出演した。’11年に芸能界を引退してから8年半での再登場とあって、話題を集めている。

 

メディア露出の理由は、misonoの夫・Nosuke(30)が精巣がんで闘病していることだった。紳助は「misonoは自分の体調のこともあるのに夫の高額の治療費もかかるし、大変そうなんだ。そんな話を聞いたら、自分も何かできることはないかってなるじゃない」と語っていたという。

 

だが、理由はほかにもあるようだ。紳助は63歳になった今、“ある心変わり”が芽生えてきているという。知人がこう続ける。

 

「最近、紳助さんはあまり海外旅行にも出かけなくなってきたそうです。以前は奥さまとハワイなどにもよく行っていたんですけど、飛行機の長時間移動がたいへんだと思うようになったみたいで。『もう、現地のコンドミニアムを売ってしまおうかな』とも話していました。遠くまで旅行するよりも、近場の友達との付き合いを大事にしているようですね」

 

さらには、この8年で“老いへの恐怖”も出てきたようだ。

 

「昨夏には友達の前でシャツを脱いで、『俺、鍛えてんねんで!』と引き締まった体を見せたりしていました。というのも最近、紳助さんは『周囲から健康的で若く見られたい』という思いが日に日に強くなっているみたいです。同級生は髪が薄くなってきたり、おなかが出てきたりしていますからね……。今回の動画出演も、健康的なルックスに自信があったからこそできたことだと思いますよ」(前出・紳助の知人)

 

misono動画の反響で、さらなるオファーが舞い込むかも!?

 

「女性自身」2020年2月4日号 掲載

関連カテゴリー: