指原莉乃明かした恐怖体験 住所晒した匿名主から実名返信が…

元HKT48の指原莉乃(27)が3月6日、Twitterで恐怖体験を明かした。

 

指原は3月5日、Instagram上で《芸能人に悪口を送って、今訴えられたらヤバイと思う過去があるという人いますか?》と質問。すると、ユーザーの1人から《サッシーが〇〇のマンションに住んでるって書いたことあるw》とのコメントがきたという。

 

書かれていたマンションは、過去に本当に指原が住んでいた建物だった。そしてネット上で住所を晒されたことがきっかけで、指原は引っ越したという。

 

指原が衝撃を受けたのは、このコメント主が名前も子どもの顔も公開していることだった。指原は、Twitterにこう投稿した。

 

《本当にゾッとしました。なぜかというと、過去本当に住んでいたマンションだったこと、その書き込みは当時実際にありそれが理由で引っ越していた事、さらにそのアカウントが裏アカウントでもなんでもなく、自分の名前も子供の顔も載せている本アカウントだった事。あの時の不安だった日々の答え合わせが今更できたようですごく気持ち悪かったです》

 

指原の投稿はまだ続く。届いたコメントをInstagramで引用したところ、他のユーザーから大きな反響が寄せられた。半分は指原を励ます声や心配する声だったが、「(回答を)晒さないって言ったのに!」など指原を批判する声もあったのだ。ただし指原は引用する際、投稿者の身元がわからないよう情報を黒塗りにしている。

 

指原は仮に自身が法的手段を取ろうとした際、ユーザーのなかには怒る人もいるだろうという不安も示した。

 

《私がマンションや個人情報を載せた過去がある人をそのストーリーから法的手段を取ろうとするものならきっと「載せませんって言ってたのに!!」と怒る方と納得される方が半々なんだと思います》

 

指原はネットでの悪質な書き込みを訴えることに、抵抗を覚える人がいるのではないかと心配。また子どもができたらネットリテラシーを教えたいと、今回の事件の教訓も明かした。

 

《集められた意見を見て、ネットでの出来事を訴えることが怖い人(表に出る職業だけじゃなく全ての職業の人)ってたくさんいるんだろうなあと改めて感じました。恐ろしく長くなってしまったけど、自分に子供ができたらネットリテラシーだけはしっかりと叩き込もうと決意》

 

ネット上での誹謗中傷に関しては3月4日、元AKB48の川崎希(32)へ誹謗中傷を行ったとして、女性2人が書類送検されたことが報じられている。

 

一連の出来事について、元NMB48の渡辺美優紀(26)もTwitterで気持ちを打ち明けた。

 

《指原さんのインスタで知ったけど匿名の誹謗中傷で処罰されるようになるのは良いですね。傷つく人が減りますように》

関連カテゴリー: