キムタク長女Cocomiデビュー 世界に羽ばたかせた静香の手腕

3月19日に木村拓哉(47)と工藤静香(49)の長女・Cocomi(18)が、モデルデビューすることがわかった。芸能界“お披露目”に注目が集まっている。

 

3月28日発売の『VOGUE JAPAN』5月号の表紙に起用され、世界的ファッションブランド「ディオール」のジャパンアンバサダーにも就任したCocomi。19日に公開された同ブランドの「スペシャルムービー予告編」では、流暢な英語とフルート演奏を披露している。

 

各メディアによると、母の静香とモデルとして活躍する妹のKoki,(17)と同じ事務所に所属とのこと。華々しくデビューを果たしたが、今回の仕事以降は活動をセーブするという。4月からは大学に進学し、フルート奏者としてスキルを磨くようだ。

 

「Cocomiさんは3歳からバイオリン、11歳からフルートを始めました。インターナショナルスクールで学び、高等学校では音楽科に進学。著名音楽家に師事し、数々のコンクールで受賞しました。ディオールの創業者も音楽に造詣が深く、今回の起用につながったそうです。Cocomiさんも感性を磨くために挑戦したと聞きました」(芸能関係者)

 

いっぽう妹のKoki,は、18年に『エル・ジャポン』7月号の表紙を飾りデビュー。同年8月には「ブルガリ」のアンバサダーにも就任。姉妹揃って大きな舞台でデビューを果たしたのは、幼い頃から“一流”を身につけてきたことが影響しているようだ。

 

「CocomiさんとKoki,さんは、幼い頃から『世界で通用するように』と音楽や語学など英才教育を受けてきました。また家族恒例のハワイ旅行で、創作活動に打ち込むといったことも。恵まれた環境で育った姉妹ですが、『自分は自分』と“自律”を重んじられてきました。そのためデビューを含めた進路は、自ら決断していると聞きます。静香さんは良きアドバイザーとして、娘たちの背中を押す役割に徹しているそうです」(前出・芸能関係者)

 

Cocomiのデビューに、静香もKoki,も自身のインスタグラムで祝福を寄せている。ますます、木村一家に注目が集まりそうだ。

関連カテゴリー: