テレ朝新ドラマが好調の背景 他局が延期続々で視聴者集中か

TOKIO・松岡昌宏(43)の主演ドラマ「家政夫のミタゾノ」(テレビ朝日系)第4シリーズが4月24日にスタートし、平均世帯視聴率9.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)を記録した。

 

女装している家政夫・三田園薫(通称ミタゾノさん)が、派遣された家庭・家族に巣くう“根深い汚れ”までもスッキリと落とす1話完結型のドラマシリーズ。

 

これまで最高視聴率は16年の第1シリーズ初回と昨年の第3シリーズ初回の8.2%だったが、それを上回る結果。シリーズ全話を通じて歴代最高ならびに、初の9%台を記録した。

 

「ミタゾノさんといえば毎回、家事に役立つ豆知識を劇中でレクチャーしています。20日には自宅待機中に役立つ動画を、同局の公式YouTubeで配信。それがプロモーションにつながったようです。また他局が過去ドラマの再放送ばかりのなか、新ドラマに多くの視聴者が集中したとも言われています。午後11時15分という放送枠にしては、異例の高視聴率といえるでしょう」(テレビ局関係者)

 

新型コロナの影響で他局が続々と4月期ドラマの初回放送を延期するなか、テレ朝はV6の井ノ原快彦(43)主演の「特捜9 SEASON3」と内藤剛志(64)主演の「警視庁・捜査一課長 2020」を予定通りスタート。27日の時点で第3話まで放送し、いずれも世帯平均視聴率は13~14%台を推移している。

 

「GWに入ってからは在宅率が高まるため、いずれのドラマもさらに視聴率が伸びそうです。これまでの最高視聴率は『特捜9』が18年4月期のSEASON 1の16.0%、『捜査一課長』は17年4月期初回の14.5%。放送が中断しなければ、ミタゾノに続いて過去最高を更新しそうです」(放送担当記者)

関連カテゴリー: