上地雄輔いじり番組に異論続出「これも同調圧力では?」の声

タレントの上地雄輔(41)が5月12日放送の『グッとラック』(TBS系)に、リモートで出演した。番組では、内閣が検察幹部の役職定年を延長できるようにする検察庁法改正案を巡る問題について特集された。だが、上地に対する番組の進行が物議を醸している。

 

法改正されることによって内閣による恣意的な人事が可能になり、検察官の政治的な独立性や中立性が脅かされると危惧されている。そのため、多くの芸能人も「#検察庁法案改正に抗議します」とTwitterで反対を表明していた。

 

コロナ禍である現タイミングで改正が進められることについて、意見を求められた上地は「この時期ではなくても改正されるわけですよね?」と司会の立川志らく(56)に質問。すると志らくは、「それは別にコロナが収束した後でも十分審議すればいいわけですから」と回答。

 

上地が「コロナの収束時期がわからないから、今でもいいのではないかなと思うんですけど」と続けると、志らくは「だから今やっちゃおう(改正してしまおう)ということなんですよね」と説明。だが上地は「今やるべきことではないかもしれないですけど、今やるべきことでもあるのかもしれない」と私見を述べた。

 

「番組内で上地さんは『法案を読みました』と話していましたが、『何が問題かわかっていますか?』や『わかってない感じがする』といった言葉をかけられていました。志らくさんや他の出演者はギャグを交えたつもりだったのかもしれません。ですが、“法案改正反対が正しい”という結論ありきの印象を受けたという視聴者の声が上がっています」(テレビ誌ライター)

 

確かに同法改正を反対する意見は多い。だが、なかには上地のような意見を持つ人もいる。あたかも「上地が理解していない」と見せる番組進行に、視聴者からは異論が上がっている。

 

《最近、朝はグッとラックを見てるけど、昨日の上地雄輔いじりは見ててあんまり気持ちよくなかったよ。ひとつの話題について、アナウンサーがさ、ほんとに分かってますか? と何度も聞いてた。そう思ってたとしても失礼じゃない??》

 

《議論はいいけど説得はダメでしょ。これこそ同調圧力じゃないの?》

 

《改正案に反対しなきゃいけないみたいな流れが気持ち悪い。反対も賛成も個人の自由である筈なのに》

関連カテゴリー: