芦名星さん訃報に悲しみの声…「相棒」「テセウス」でも活躍

女優の芦名星さんが亡くなったと9月14日に発表された。36歳だった。活躍が続くなかでの訃報に、悲しみの声が広がっている。

 

各メディアによると芦名さんは同日、新宿区内の自宅マンションで亡くなっているところを親族に発見されたとのこと。死因については現在調査中だが、警視庁は自殺とみて調べていると報じられている。

 

02年にモデルとしてデビューした芦名さんは、同年6月にドラマ「しあわせのシッポ」(TBS系)で女優業に進出。08年に公開された日本、カナダ、イタリアの合作映画「シルク」では主要キャストに大抜擢され話題を呼んだ。

 

近年では18年の「不能犯」や「検察側の罪人」といった映画作品、17年の「コウノドリ」(TBS系)や「相棒」シリーズ(テレビ朝日系)などのドラマに出演。今年に入ってからも映画「AI崩壊」やドラマ「テセウスの船」(TBS系)、さらには現在放送中の「あの子が生まれる……」(FOD)にも登場している。

 

またプライベートでは昨年5月、小泉孝太郎(42)との熱愛が報じられたことも記憶に新しい。当時、記事によると双方の所属事務所は「プライベートについては本人に任せております」とのコメントを発表していた。

 

今年8月には「週刊FLASH」で久々のグラビアに挑戦し、亡くなった当日は芦名さんがセンターグラビアに登場した「週刊プレイボーイ」の発売日でもあった。

 

そんななか突然の訃報ーー。ネットでは、その早すぎる死を悼む声が上がっている。

 

《芦名星さんの訃報、、、信じられない、、、大好きな「相棒」に出てたのにどうして? どうして、、、、36歳の若さは早すぎます》
《繊細で優しい演技が大好きだったのに。もう見る事が出来ないなんて……》
《個性派女優さんで、これからが楽しみな方だったのに、、、残念です。ご冥福を、心よりお祈りいたします》

関連カテゴリー:
関連タグ: