竹内結子さん 長男と笑顔で…続けてきた“母の育児奮闘”
本誌は11年11月、長男のお受験に挑む姿を目撃している。

「本日9月27日、弊社所属の竹内結子が、自宅で亡くなりました。日頃よりお世話になっている関係者の皆様、応援して下さっているファンの皆様に、この様な辛いお知らせを申し上げることになり、あまりに突然の出来事で所属タレント、社員は驚きと悲しみで呆然としております。詳しい状況は現在確認中です」

 

女優の竹内結子さん(40)の所属事務所は27日、HPで竹内さんが自宅で亡くなったと発表した。現場の状況から、警視庁は自殺とみて調べているという。

 

「午前2時前、東京・渋谷区のマンションで『妻がぐったりしている』と竹内さんの夫・中林大樹さんから119番通報があったとのことです。捜査関係者によれば、竹内さんは自宅の寝室で心肺停止の状態で見つかり、搬送先の病院で死亡が確認されました。現在までのところ、遺書などは見つかっていないということです」(全国紙記者)

 

竹内さんは2005年に歌舞伎俳優の中村獅童(48)と結婚。同年に長男を出産するも08年に離婚。その後、昨年2月に俳優の中林さんと再婚。今年1月下旬に都内の病院で第2子男児を出産した。

 

「ここ最近も、都内で夫婦揃って子どもを連れて食事をする姿が目撃されるなど、家族仲睦まじい光景が、近所でも見られていたと聞いています」(全国紙記者)

 

竹内さんは今月1日、都内でイベントに出演。今年1月下旬に第二子出産後、初めての公の場に姿を見せ、笑顔でこう語っていた。

 

「火を使うのをハラハラしながら見ていたうちの子が、もう自分で(料理を)作るようになって、夫と一緒に夜食を作ってヒソヒソ男同士の内緒話をしていたり」

 

獅童と離婚後、竹内さんは息子を女手一つで育てていた。本誌は11年11月、長男のお受験に挑む姿を目撃している。

 

「ドラマ、映画と引っ張りだこの中、竹内さんは熱心に息子の将来の為に塾に通わせていました。そしてこの日、有名私立の幼稚園のお受験に挑んだんです」(竹内さんの知人)

 

親子で手をつないで校門から出てくると緊張でこわばった表情だったが、竹内さんは先に出てきたママ友を見つけると安堵の表情で駆け寄った。「やっと終わったね!」と声をかけ笑顔で、学校を後にした。

 

今年1月には第二子を出産。誰よりも我が子を愛する母そのものだった竹内さんに何が起こったのか――。

 

厚生労働省は悩みを抱えている人に、相談窓口の利用を呼び掛けている。相談は「こころの健康相談統一ダイヤル(0570-0640556)」や「いのちの電話(0570-783-556)」などに。

関連カテゴリー: