竹内結子さん 中居正広も絶賛、幻の歌手デビュー曲が再評価へ

9月27日未明に亡くなった竹内結子さん(享年40)。1曲だけシングルをリリースしており、再び評価が高まっている。

 

98年9月、竹内さんはシングル「ただ風は吹くから」で歌手デビューを果たしている。同曲は竹内さんの初主演映画「イノセントワールド」のテーマ・ソングであり、当時17歳だった彼女の澄んだ歌声を楽しむことができる。

 

「『ただ風は吹くから』はカップリング曲が収録されていないため事実上、竹内さんにとって唯一のオリジナル曲。そういった経緯もあり、かねてから高値で取引されてきました」(音楽関係者)

 

しかし、竹内さんの公式サイトに同曲のことは記載されていない。また16年6月、「おじゃMAP!!」(フジテレビ系)で竹内さんは「えずきながらレコーディングしてました。歌うのに抵抗がありすぎて」と制作時を回想し「この歌声を人に聴かせるのかと思うと、気持ち悪くなっちゃって」とも話している。

 

同曲は竹内さんにとって“苦い記憶”だったのかもしれない。そのいっぽう、この曲の大ファンであると公言している人物がいる。それは中居正広(48)だ。

 

「ドラマで共演したとき、竹内さんは中居さんに『曲を出したことがあるんです』と『ただ風は吹くから』のことを話したそうです。CDを渡したところ、中居さんは大ハマり。15年8月、『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)で中居さんは『いい歌なの』『1年に1回はラジオでかけてる』と竹内さんに明かしています。その際“17歳の過ち”と彼女は表現していましたが、中居さんのファンの間でも非常に人気の高い楽曲です」(音楽関係者)

 

そんな「ただ風は吹くから」の評価がいま、再び高まっている。訃報に際し、Twitterにはこんな声が上がっている。

 

《「ただ風は吹くから♪」この歌好きなんだよな。主題歌になってる映画も》
《竹内さんが唯一出したシングル『ただ風は吹くから』を聴いている 歌い出しの歌詞がなんともせつない》
《中居くんのお気に入りの曲 透き通る歌声が素敵》
《沢山の感動を届けてくれてありがとうございました。これからもこの曲は大切に聴きます》

 

■「日本いのちの電話」
ナビダイヤル:0570-783-556(午前10時~午後10時)
フリーダイヤル:0120-783-556(毎日・午後4時~午後9時/毎月10日・午前8時~翌日午前8時)

関連カテゴリー: