「鬼滅の刃」公開初日から転売に怒りの声…入場者特典も出品
(C)吾峠呼世晴/集英社 画像を見る

10月16日に公開されたアニメ映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」。

 

配給会社「アニプレックス」は19日、公開初日から3日間の興行収入が46億2,311万7,450円を達成したと発表。観客動員数は342万493人だったという。

 

その結果は、日本国内で公開された映画の興行収入、観客動員の歴代1位を樹立した。

 

「全国403館で上映されるという異例の公開規模です。各地の劇場では、1日の上映回数が初日から20~40回を超えるところも。新型コロナの影響で休業に追い込まれた映画館にとって、追い風となっています」(映画関係者)

 

「鬼滅の刃」は吾峠呼世晴氏による人気漫画で、16年2月に「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載がスタート。19年4月にアニメ放送されたことを機に、社会現象となるほどの人気ぶりだ。

 

原作は今年5月に完結したものの、「UHA味覚党」「おやつカンパニー」といった食品メーカーや「くら寿司」「銀だこ」などの外食チェーンともコラボ展開が続々。その勢いは、業界の垣根を超えてとどまるところがない。

 

次ページ >公開初日から劇場物販が転売に

関連カテゴリー:
関連タグ: