山下智久独立にあったストイック伝説 過酷減量に腹パン懇願も
画像を見る

「一度しかない人生、やれることは何でも挑戦していろんな経験を積んでいきたい」

 

本誌04年02月24日号で、こう語っていたのは山下智久(35)。当時18歳だった彼はあれから16年8ヵ月後となる今月10日、ジャニーズ事務所から退所していたと発表した。同所の公式サイトには「本格的に活動の拠点を海外に移したい意向」が彼にあるとつづられている。

 

滝沢秀明(38)に憧れ、小学5年生で入所した山下。03年11月にNEWSのメンバーとしてデビューし、05年11月には亀梨和也(34)とともに結成したユニット・修二と彰で「青春アミーゴ」をリリース。同作は発売4週でミリオンを突破するなど、社会現象を巻き起こした。

 

そして11年10月にNEWSを脱退。以降、ソロ活動を中心に活躍している。

 

そんな彼に対しSixTONES・京本大我(25)は今年7月、本誌で「あの美貌があるのに、さらにストイックって、誰も勝てない!」と発言している。

 

「山下さんはNEWSのデビューから数年経っても、『歌も踊りももっと頑張りたい』と意気込んでいました。若いころから世界進出という目標を掲げていた彼は、英会話の鍛錬を長らく続けています。彼のストイックぶりに憧れてジャニーズに入所する子も非常に多いです」(芸能関係者)

 

また山下は俳優としても活躍しており、ドラマ「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」(フジテレビ系)は18年に映画化もされ大ヒット。近年は海外作品にも出演している。

 

ストイックさは、俳優業でも。10年12月に公開された主演映画「あしたのジョー」では撮影時、“腹パン”を受けていたという。

 

「同作でボクサー役だった山下さんは減量や肉体づくりに励んでいました。その過酷さはクランクアップ後、焼き肉を食べたときに『肉の味、忘れてたな……』と思わずしみじみするほど。また闘争心を掻き立てるため、山下さんはトレーナーに“お腹にパンチ”を一日一回はお願い。『役のためとはいえ、ちょっとイライラする(笑)』と言いながらも、いい刺激になったそうです」(映画関係者)

 

さらに山下は17年7月、本誌で“美ボディ鍛錬”の日々を明かしている。先輩のV6・岡田准一(39)から格闘技・ジークンドーを「約1年前からですが、週1くらいのペースで2時間半」教わり、「超ハードに鍛えています」とも。続けて、こう述べている。

 

「すごくつらいんですが、体を鍛えることで、継続する強さ、礼儀や気配りなど、心技一体のことが学べて、心も整ってきます。あとは、ここでやめてしまったら、またいろんな局面でつらいことから逃げ出してしまうんじゃないか、という懸念もあって。トレーニングは、自分に負けない、精神的にタフな男になるための修行かな」

 

音楽活動に俳優業、そして体づくり。ストイックに道を突き進む彼を突き動かすものは何なのか――。それはやはり“ファンへの愛”だと、彼は本誌19年5月14/21日合併号で語っている。

 

「限りある時間、自分が情熱を注ぎたいと思えることだけに集中していく。そうすることで僕を応援してくれている人にいちばん誠実でいられるのかなあと思います」

 

ファンへの愛を胸に飛び立つ山下。新たな門出にさらなる注目が集まりそうだ。

関連カテゴリー: