長澤まさみ最優秀ヒロインに!16年前といまのレベル違う涙
(C)日本アカデミー賞協会 画像を見る

第44回日本アカデミー賞授賞式が行われ、長澤まさみ(33)が『MOTHER マザー』で初の最優秀主演女優賞に輝いた。   『世界の中心で、愛をさけぶ』で最優秀助演女優賞を受賞してから実に16年。当時はアイドル的存在だった彼女も、日本を代表する大女優へと成長を遂げた。   受賞挨拶では再び涙をこぼしたが、以前の写真と比べるとその...

【関連画像】

関連カテゴリー: