花街の女性をリアルに描写…宮尾登美子さん原作映画の新しさ
『櫂』の舞台挨拶には多くのファンと報道陣が集めかけ、パニック寸前に 画像を見る

住んでいた場所は違っても、年齢が近ければ「そうそう! わかる」って盛り上がれるのが、青春時代に感銘を受けた映画の話。活躍する同世代の女性と一緒に、“あのころ”を振り返ってみましょうーー。   「映画『櫂』(’85年)、『陽暉楼』(’85年)の舞台となるのは、高知県の花街。幼少期に花街で育った原作者・宮尾登美子さんが見てきた風景が、五社英雄監督独特の...

【関連画像】

関連カテゴリー: