image

 

「小泉今日子さんは、まじめな方だなと思います。あの貫禄はそこからきているんだな、と思いました」

 

そう語るのは、舞台『シブヤから遠く離れて』(12月9〜25日・渋谷Bunkamuraシアターコクーン)に挑む注目の若手俳優・村上虹郎(19)。舞台で繰り広げられるのは、廃虚になった家に思いを残し、暗い記憶のはざまを浮遊する少年・ナオヤ(村上)と、すべてから逃れようとする不思議な女・マリー(小泉今日子)の愛の物語。そんな舞台の稽古現場にお邪魔し、村上にあれこれ聞きました!

 

−−役者という仕事について

 

「仕事を始めたころはつらかったですね。難しいし。わからないんですもん、お芝居って。年齢幅の広い人たちの中で、初心者っていう自分の未熟さと、それを認めないといけないつらさ。全人類に負けている気がして、けっこう悔しいんですよ」

 

−−怒ることはある?

 

「どんなに人が悪くても、怒るっていうのは結局、自分の器の問題だと思っていて。自分に怒ることが多いですね。たとえば必要なものがなくて、『どこにいった?』って自分に怒りを感じたり。覚えているつもりで忘れちゃうから。靴下もだいたい左右違いますし。基本的には神経質なはずなんですけど、それゆえに抜けているところがあるみたいです」

 

−−悲しくなるときは?

 

「仕事でもプライベートでも、たくさんの人に会って別れるときが悲しいですね。ひとつの作品を終えて別れてしまうときは、自分が大きくならないといけない瞬間ではあるんですけど。もともとさみしがり屋で、人と一緒にいたいっていう性質はありますね」

 

−−将来、どんな人間になりたい?

 

「できる限り、楽しそうでいたいです」

 

−−いまの楽しみは?

 

「本を読んでいるとき。いままではマンガか詩集しか読んでなかったんですけど、今年に入ってからは物語性のある小説を読んでます。でも、いまはまた岡本太郎の本を読んでるんですけどね。結局そこにいく(笑)。一回、この人の言葉を聞こう、と」

 

−−最後に、10代最後の舞台の見どころを。

 

「いま、ここにしかない僕を生で見てほしいです」

関連タグ: