image

 

「オーディションに受かってビックリ。ママからご褒美をもらったんだよ!」

 

そう話すのは、『大貧乏』(フジテレビ系・日曜21時〜)で、主人公・七草ゆず子(小雪)の長男・翔太を演じる暖大くん(8)。ドラマは勤めていた会社が突然倒産し、無一文になってしまったシングルマザーのゆず子の奮闘劇。

 

撮影の空き時間は、妹役の実結を演じる野澤しおりちゃん(5)と差し入れのお菓子を食べたり、携帯ゲームをしたりと、はしゃぐ姿は翔太そのもの。

 

「翔太は、スポーツが好きで、甘えん坊で、バカなところが僕と同じ(笑)」とおどけるが、せりふのある役はこのドラマが初めてとは思えない自然体の演技が評判だ。

 

一方のしおりちゃんは、『はじめまして、愛しています。』(テレビ朝日系)出演後、話題作に出演を重ね、今回が連ドラ初のレギュラー。ドラマウオッチャーの間でも注目子役の1人。

 

ゆず子に思いを寄せるカッキーこと、弁護士・柿原新一(伊藤淳史)と、イケメンの加瀬春木(成田凌)、どっちがタイプの男性?としおりちゃんに尋ねてみると、「どっちも大好き!でも、実結ちゃんはカッキーにお父さんになってほしいの」と女心をポツリ。

 

ドラマの展開と合わせて、しおりちゃん演じる実結の表情にもご注目。

関連タグ: