「撮影を重ねるごとに、共演者の間に自然とあうんの呼吸ができて、信頼感が生まれてきます。同じメンバーでシリーズ作品を撮ることの醍醐味のひとつですね」

 

中嶋朋子(46)が出演する、山田洋次監督の映画『家族はつらいよ』シリーズ。最新作でも、「現代の家族を喜劇で描くなら、このメンバーが最高のアンサンブル」と監督に言わしめた8人がそろった。

 

シリーズ第3弾『妻よ薔薇のように 家族はつらいよIII』(5月25日より全国公開)でも、おなじみの両親と娘たち3きょうだい、4組の夫婦の息が合った会話劇は健在だ。

 

「合間にたわいもないおしゃべりをするのも楽しみ。和気あいあいとした現場でした」(中嶋・以下同)

 

今回も勝ち気でしっかり者の長女・成子を演じた中嶋。頼りなさげな夫(林家正蔵)との息もピッタリだ。

 

「けんかしつつもうまくやっている夫婦です(笑)。税理士である成子はお金には非常にうるさいのですが、決して意地悪ではなく、家族のことをいちばん考えている人。何事にも一生懸命なんです」

 

今回は、成子の兄・幸之助(西村まさ彦)ら3世代が住む平田家で事件が。家事のすべてを担ってきた妻・史枝(夏川結衣)が、夫の気遣いのなさに怒り、家出してしまったのだ。残された家族はてんやわんやの大騒ぎに!

 

劇中、主婦の仕事にあまりにも無理解な兄を成子が厳しく叱責するシーンもある。

 

「家族って成長するにしたがい、形態が変わるものですけど、根っこの部分での“兄妹”関係は変わらないと思います」

 

今回の撮影で忘れられないせりふがあったという。

 

「今までは、西村さんを『兄さん』と呼んでいたのですが、今回は思わず『お兄ちゃん!』と呼ぶ場面があって。そうしたら監督が近づいて来られて、『さくら(『男はつらいよ』シリーズの倍賞千恵子)が何十回言ったことか……。きゅんとくるね』としみじみとおっしゃって。ああ私、今すごいせりふを言っているんだなあって、身が引き締まる思いがしました」

 

本作は、主婦への応援映画となっている。

 

「炊事、洗濯、掃除……主婦の仕事は切れ目がなくて、本当に忙しい。ぜひご主人や、恋人と一緒に見ていただきたいですね。主婦の大変さがわかると思うので(笑)」