「撮影中、姿勢から何からすべてに気を張り巡らせているので、自宅に帰ると疲れをどっと感じて、ダウンしちゃうんですよ。ドラマが終わって時間ができたら、大好きな釣りに行きたいですね!」

 

そう話すのは、今期ナンバーワンの“イケメンプリンス”と話題の中川大志(19)。ドラマ『花のち晴れ~花男 Next Season~』(TBS系・火曜22時~)で、杉咲花が演じるヒロイン・江戸川音の婚約者・馳天馬を演じ、世の女性たちのハートをキュンキュンさせている。

 

「天馬って、“完璧男”ですよね。でも、完璧に見せすぎて、面白くなくなってしまうのは違うと思っていて。品のよさ、さりげなさ、をポイントにしています」(中川・以下同)

 

ドラマの現場では値段当てゲームがはやっているそう。

 

「ロケ先のショップの服などを見て、『いくらなのか当てようよ』って、僕が言い出しっぺなんです(笑)。最下位はみんなにジュースをおごるというルールなんですが、実際の値段を知っては毎回驚いています」

 

この日は、都内有数の高級ブランド店街で音とのデートシーンを撮影。

 

「ブランドの服もそうですが、撮影で使われる家具や調度品はすべて本物で、値段が半端ないんです。天馬の家のソファも、1つ何百万円と聞いてビックリ(笑)。でも、演じるうえではあまり気負いしないように、天馬たちの生きる世界の説得力みたいなものを出さなきゃいけないな、と意識しています」