「チアダンスは、ヒップアップ、ジャズ、ラインダンス、といろいろな要素が入り、まるで総合格闘技です」

 

こう話すのは、ドラマ『チア☆ダン』(TBS系・金曜22時~)で主人公・藤谷わかばを演じる、土屋太鳳(23)。最終話に向けて、ROCKETSメンバーの行く末が気になるなか、撮影現場のダンスレッスンもヒートアップ! 練習をこなす若手女優たちのパワーは半端ない。そんな現場に本誌記者がお邪魔して、太鳳ちゃんに話を聞きました。

 

ダンスチームのメンバーとの結束力は強い?

 

「1月から一緒に練習をしてきました。休み時間に『だるまさんが転んだ』とかやって全力でふざけることもあれば、演技についてよく話し合いもしますし。メンバー大好き! という部分と真面目に仕事に取り組むところのメリハリがあって、うまくバランスが取れていると思います。ROCKETSというチームは世界に1つしかないので、その絆を信じて最後まで生きられたらいいなあ」(土屋・以下同)

 

顧問役のオダギリジョーさんは現場でも“先生”?

 

「いつもニコニコされています。私と2人のシーンのときは話す機会も多いので、オダギリさんが『次の作品は海外のスタッフさんと仕事するんだよ』とか、ご家族のことなどをいろいろお話ししてくださって、とても面白いです」

 

元気の秘訣は?

 

「まず、食べることは大好きです。バランスよく栄養をとって、何よりも『おいしいって幸せ!』と感じられることが大事。仕事でプレッシャーに押しつぶされるときもありますが、作品や役に愛情を持って取り組んでいきたいと思います」

 

会うと元気になる人は?

 

「友達です。常日ごろ、なるべく人と会うように心がけています。というのも、仕事だけをしていて役のことしか見えなくなっちゃうと、きつい性格になってしまう自分がいて。それって、人としてはどうなのかな? と。女性として毎日ちゃんと生きて、幸せを感じていきたいので」

 

作品中ではチアスピリットが描かれていますが、“人を力づける”ことを意識することは?

 

「たとえば撮影現場では、暑いなか動いてくれるスタッフさんに対して笑顔でいるようにしたり。嘘の笑顔ではなく本当の意味で、相手が楽しくあってほしい、幸せであってほしいという思いを込めてコミュニケーションを取ることが大事だなあと感じています」

 

そう語るように、休憩時間にもスタスタと走り回る太鳳ちゃんの姿が。自分が差し入れしたソーセージをスタッフに食べさせようと休む暇もなくあっちへこっちへ。さらには、「女性自身さんもどうぞ」とわれわれのもとにも(感涙)。躍動感あるダンスに優しい気配り。まさに太鳳ちゃんのチアスピリットにあふれた現場だった。