実態が謎に包まれたゲストのタブーに切り込み、NHK伝統の人形劇で見せるトークバラエティ『ねほりんぱほりん』(NHK Eテレ・毎週水曜23時~)。ブタの姿になった顔出しNGのゲストに、司会のモグラ(声:山里亮太、YOU)が、話を深く掘り下げて聞いていく。覆面ならではの赤裸々トークに「NHKが攻めてる!」と好評を博し、シーズン3が放送中。現場にお邪魔して、根掘り葉掘り話を聞きました!

 

番組提案者の藤江千紘ディレクター(37)に先導され、収録現場に。そこでは編集済みのゲストとMCのトーク音声に合わせて、人形を動かしての撮影が行われていた。

 

「通常、人形劇は1台のカメラで撮るのですが、この番組は普通のトーク番組のように5台のカメラを切り替えて撮影しています」(藤江ディレクター・以下同)

 

編集されたトークは台本の形で、細かくカット割りがされている。人形の目線の動かし方にまでこだわり、細かく撮影を重ねるその熱量の高さが人気につながっていると見た。

 

そもそもは「若い人(ネットを見ている人)にもっとNHKを見てほしい」と藤江さんが発案した本番組。その過程で行き着いたのが、テレビに顔を出せない人の実態をNHKならではの手法で丁寧に取材するということだった。制作過程で苦労することは?

 

「テーマが決まって該当者を探すのが本当に大変。裏取りも大変で、たとえば『プロ彼女(芸能人と付き合う一般人)』なら、ツーショット写真やメールなど、証拠を必ず見せてもらいます。慎重に取材を進めていっても、広告目的の詐欺に遭いそうになったこともあります」

 

テーマ決定、取材、トーク収録、トーク編集、人形劇収録……と、放送までにかかる時間は最低でも4カ月。トーク収録は小さなラジオブースで、ゲストとMCがお茶をするようにひっそり行われているのだとか。

 

「山里さんとYOUさんは、率直に、自分が思っていることを聞いてくださる。あとは目線が優しくて、どんな人も受け入れてくれるんです」

 

その温かさも、番組の魅力だ。

 

「大事にしているのは、自分とどんなにかけ離れた人でも、同じ人間だなと思えるポイントがひとつあればいいなということ。人間っておもしろい、そう思っていただけたら」