男の色気増す高杉真宙「夢は渋いおじいちゃん(笑)」

「僕、早く大人になりたいんです。落ち着いた佇まいの大人の男になって、いずれ渋いおじいちゃんになるのが夢ですね(笑)」

 

こう語るのは、公開中の映画『笑顔の向こうに』で主演を務める高杉真宙(22)。その端正なルックスに近ごろは男の色気も漂わせる彼は、歯科技工士・大地を演じた。

 

「どんな職業でも、自分の仕事に向き合うことの難しさやさまざまな葛藤があることを、大地を演じながら改めて知りました。僕自身、どの作品に入るときも緊張しますし、現場では大きな試練も経験します。そういう意味では今回、大地のような憎まれ口をたたく男のコを初めて演じて、撮影中は気恥ずかしさを押し殺すのが大変でした」(高杉・以下同)

 

今作でも同世代の役者と共演しているが、ライバル心はある?

 

「どこかで意識していると思いますが、みんなでいいものを作っていこうという思いのほうが強い気がします。最近はみんなそうですね」

 

そんな彼がいま、挑戦してみたい役は落語家だそう。

 

「以前共演した落語家さんの寄席を見に行ったのがきっかけで関心を持ちました。一人で何分もしゃべり続けて、さまざまな役を演じ分ける。そんな技術を身につけることができたら、演技力の底上げを図れるんじゃないかなあと思って。僕、芸達者になりたいんです」

関連カテゴリー: