篠原涼子 意外な“我が家のお弁当定番メニュー”

「舞台になった八丈島は、自然が豊かで、帰りたくなくなるくらい素敵な場所! ホテルの部屋の窓からジャージー牛が見えて、まるで自分のペットみたいでした」

 

そう話すのは、映画『今日も嫌がらせ弁当』(6月28日公開)の撮影を振り返る篠原涼子(45)。本作は大人気ブログから生まれたエッセイが原作。八丈島で暮らすシングルマザーのかおり(篠原)は、反抗期を迎えた高校生の次女・双葉(芳根京子)への逆襲として、一風変わったキャラ弁を毎日作り始める。

 

篠原自身も、小学5年生と2年生の息子を持つ母。そこで、子どもの反抗期やお弁当にまつわるエピソードを聞いてみた。

 

――篠原家のお弁当定番メニューは?

 

「困ったときはオムライスですね。息子からのリクエストでカレーを入れるときもあります。ルーの上にご飯を敷き詰めるんですけど、お米しか入ってないように見えるから、“じゃじゃーん”って周りの友達を驚かせるのが楽しいみたい。キャラ弁に挑戦したこともありますよ。息子には“あんまり似てないね”って言われちゃいましたけど(笑)」

 

――お弁当にまつわる思い出を教えて!

 

「私が小学3年生のときかな? おばあちゃんが作ってくれたお弁当を、開けた瞬間すぐに閉めたことがあります。嫌な予感はしてたんですけど、全面納豆だったんです。蓋にくっついてるし、ニオイもすごいしで、結局食べられませんでした。私が納豆大好きだから、よかれと思って入れてくれたんですけどね。好きな男の子もできたころだったので、ある意味“嫌がらせ弁当”でした」

 

――息子たちが反抗期に突入したら?

 

「上の子は反抗期に突入してきていて、最近“一緒に買い物行く?”って聞いても“行かない!”っていうんです。でもそれも不器用でかわいいなって思っちゃう。健康に育ってる証拠だし、内に秘めて何も言ってくれないよりはいいかなって。映画ではお弁当を通してコミュニケーションを取ろうとするけど、私は白黒はっきりつけたい性格だから、直接言い合っちゃうと思います(笑)」

関連カテゴリー: