キンプリの2人の“ユウタ”が語る互いに負けないところは

King&Princeの岸優太(23)と神宮寺勇太(21)が舞台『ドリームボーイズ』(帝国劇場にて9月3〜27日まで)で共演! 本作はボクシングをテーマにしたジャニーズの伝説的舞台。新キャストで上演となり、主人公を岸が、そのライバルを神宮寺が演じる。そんな2人にお互いについての話しを聞きました!

 

−−これだけは負けないポイントは?

 

神宮寺「将棋! ずっとやってるからけっこう強くて。岸くんとは、スマホのゲームで対戦したことあるけど、もちろん勝ちました(笑)」

 

岸「だって、ルール知らないもん! 僕は、図工では負けないかな。けっこう賞にも選ばれてきたんで。自信作は、小学3年生のときに作ったマグロ漁船! 豆電球でランプも再現したんですよ」

 

−−逆に、かなわないと思うところは?

 

神宮寺「愛され上手なところ。岸くんは、先輩も後輩も、みんなから愛されるキャラクターだから。そこは勝てないなって」

 

岸「僕は、神宮寺の頭の回転の速さにはかなわないと思ってます。『ドリームボーイズ』の製作発表でも助けてもらいっぱなしだったしね」

 

−−最後に、お互いにメッセージを!

 

神宮寺「お互いから、いろいろ学べたらいいね。それが反映されたら、よりいい舞台になるだろうし!」

 

岸「だね。本番前には必ずハイタッチして、やる気出したいよね!」

関連カテゴリー: