中井貴一も驚いた温厚な三谷幸喜が「虎になった」瞬間
(撮影:秋倉康介)

三谷幸喜(58)監督4年ぶりの新作映画『記憶にございません!』(9月13日より全国東宝系にて公開)は、中井貴一(57)演じる記憶喪失の総理大臣が主人公。ディーン・フジオカ(39)はじめ、脇を固めるキャストも超豪華な本作について、3人が話してくれました。映画と同じく笑いあふれる鼎談に!

 

三谷「試写を見た安倍首相は、パジャマ姿の中井さんが、警官役の田中圭さんにツンツンされるところがいちばん面白かったそうです」

 

中井「そんなとこかい!(笑)」

 

ディーン「僕も、5分に1回笑わせてもらいました」

 

三谷「ディーンさん、5分に1回って結構、コメディでは少ないですから。1分に1回くらいにしてもらっていいですか」

 

ディーン「じゃあ、(127分の作品なので)127回笑いました(笑)」

 

三谷「安倍首相のSPは全く笑わないで見てましたよ。笑っちゃいけないのかな?」

 

中井「三谷さん、撮影中に軽い熱中症になりましたよね。つらいときくらい、ネクタイを外してもいいんじゃないの」

 

三谷「みなさんがきっちりした格好をされているのに、僕だけラフな格好をしているのは申し訳なくて。あとやっぱり、映画の現場に行くときは勉強をさせてもらっているという気持ちが強いんですよ」

 

ディーン「今思い返すと、ぜいたくな日々だったなあと思います。素晴らしい役者さんとご一緒できて。あと三谷さん、めちゃくちゃ肩が凝ってますよね(笑)」

 

三谷「現場でディーンさんがマッサージをしてくださって。逆に緊張してバリバリになりました(笑)。マッサージが好きなんですか?」

 

ディーン「筋肉とか関節とか、人体のしくみについて考えるのが好きなんですよ」

 

三谷「解剖学が好きなの?」

 

ディーン「膝の下をたたくと、なぜ足が前に跳ね上がるんだろう? とか。面白くないですか?」

 

中井「面白いけど、好き、の意味がわからない(笑)」

 

ディーン「映画だと、もともとオラオラだった人が記憶をなくしてピュアになって。記憶をなくしたら、ああやって赤ちゃんみたいになっちゃうんですかね」

 

三谷「いろいろなケースがあるみたいです。僕も書いていていろいろ調べたんですけど」

 

中井「僕は、逆にオラオラになりたい。(ダミ声で)『なんだよ、ディーン』みたいにさ(笑)。記憶をなくすと、理性で抑えている部分が出てくるんじゃないのかなって」

 

ディーン「え〜っ! 今のままでいてください(笑)」

 

三谷「わかります。昨年、人間ドックをやったとき、鎮静剤で意識を低下させて検査をしたんですよ。で、目が覚めたら、『すごく大変だったんですよ』って言われて。自分は全く記憶にないんだけど、ものすごく暴れたらしいんですよ。『やめろ〜! やめろ〜!』って(笑)」

 

中井「嘘!(笑)」

 

三谷「『トラになった』って先生がおっしゃっていました。本来の自分が出たんだとしたら、僕はトラなんだ! って。しばらくそのキャラクターでいきたい気も(笑)」

 

ディーン「トラはカッコいいですね(笑)」

 

中井「でも、ディーンくんはピュアでいいんだよ(笑)」

関連カテゴリー: