松本穂香「自分の気持ちにふたをする主人公・サキに共感します」

「題材はヘビーですけど、それをコミカルにかわいらしく、原作の漫画が持つ柔らかさのようなものがうまく表現された映画だと思います。人間関係で悩んでいる方に、この作品が何かのきっかけになったらうれしいです」

 

松本穂香(23)が映画『酔うと化け物になる父がつらい』(3月6日全国ロードショー)で演じたのは主人公のサキ。父・トシフミ(渋川清彦)はアルコールに溺れる日々を送り、母・サエコ(ともさかりえ)は新興宗教の信者で勤行に励んでいる。そんな両親を持ったためか、いつしか心を閉ざし、感情を表に出さなくなる娘という役柄だ。

 

「自分の気持ちにふたをすれば楽になるというサキの気持ちはわかります。ストレスに目を向けていたらやっていられないから我慢する、という瞬間はみんなにもあると思うんです。サキはその塊ですけど。私もサキのようにモヤモヤを抱えている人にどちらかというと共感できます。率先してリーダーシップを取ったりするタイプではないので」

 

アルコールに依存する父と、振り回される娘。良好とは言えない親子関係だけに、撮影現場でも父親役の渋川とはほとんど口を利かなかったのだとか。

 

「サキとお父さんは全然コミュニケーションを取らないので、お互い何を思っているかわからない。なので現場でも自然とそうなりました。むしろこういう取材日とかで、本当に最近、渋川さんとお話しするようになりました。『あのときはお互いしゃべらなかったよね』って(笑)」

 

「女性自身」2020年3月3日号 掲載

関連カテゴリー:
関連タグ: