『全裸監督』の2人が再び、國村隼明かす山田孝之との共演
(撮影:タカオカ邦彦)

強面で迫力のある役から、シリアス、そしてコミカルな役まで自在に演じ存在感を残る國村隼(64)。映画『ステップ』(4月3日公開)では、実の娘を亡くし、シングルファーザーとなった義理の息子と孫を見守る岳父・明を演じた。

 

「作り込むというよりは、僕自身と比べてみても重なる部分が結構あり、ものすごくギャップのある役ではなかったですね。初めて台本を読んだときに、この人、子どもっぽい人だろうなって。僕もそんなところがありますし、安心して明さんをやれました」(國村・以下同)

 

原作は人気作家・重松清の同名小説。主人公は妻に先立たれたシングルファーザーの健一。残された幼い娘・美紀との10年が描かれていく。

 

「この作品は何のスペクタクルがあるわけでもないし、劇的な展開があるわけでもない。ある親子と家族の積み重ねた年月が、見ている人の心にじわっとしみこんでいくような物語です」

 

主人公の健一役を演じるのが山田孝之(36)だ。國村と山田といえば、Netflixオリジナルシリーズ『全裸監督』でヤクザとAV監督という、それぞれ強烈な役を演じたが、本作では真逆ともいえる役を演じている。その落差たるや! 2人の豹変ぶりにきっと驚くことだろう。

 

「山田くんは今回、服を着ていますからね(笑)。彼のシングルファーザー役を見てみたいという気持ちで、義理の父という役どころに興味をひかれたかもしれません。過去に何度か共演していてそのたびに思うのは、彼はあまり理屈で芝居をこねくりまわすタイプの人ではないということ。僕もどちらかというとそういうタイプなので、そこはちょっと似ているのかなと。僕はどの現場でも役やシーンについて話し合ったりはしませんし、今回も彼と話すことといったら、あそこの店のあの料理がおいしいとか、そういう話ばかりです」

 

デビューから今年で39年目を迎え、海外作品にも多数出演している大ベテラン。「たいがいの役はやりましたねえ」と話す國村に、あえて今後演じてみたい役を聞いてみた。

 

「自分からこれっていうのは特にありません。しいて言えば今までやったことのないような役。そうですねぇ、善人。気持ち悪いくらいの善人とかね。かえって怖いかな(笑)」

 

変幻自在の名優が演じる、気持ち悪いくらいの善人。ちょっとどころか、かなり見てみたい。

 

「女性自身」2020年4月7日号 掲載

関連カテゴリー: