ノンスタ井上「『鬼滅』ヒット嬉しいけど…コナン抜かれて複雑」
画像を見る

コロナ禍のなか、記録的なヒットとなっている映画『鬼滅の刃』。なぜ、これほどまで人気なのか、今から作品を見ても間に合う? 漫画、アニメに精通した芸人が熱く語りつくしたーー。

 

「最近の作品のなかでも『鬼滅の刃』はハマった作品のひとつです。『週刊ジャンプ』(集英社)の連載時から欠かさず見てきましたし、アニメは2周見ています」

 

まるで書店のように、漫画がずらりと並んだ本棚がある自宅でそう話すのはNON STYLEの井上裕介(40)だ。

 

10月16日に公開された映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』が空前のヒットを記録している。公開3日間で興行収入46憶円を超えた。「漫画・アニメ好き」を公言してきた井上が、作品のヒットの理由、見てない人でもわかる作品の魅力を教えてくれた。

 

「炭治郎は鬼殺隊という鬼を殺す集団にいながら、鬼になってしまった妹を守らなければならない。つまり、炭治郎は鬼殺隊の仲間と鬼の中間に立っているという構図ができました。だから鬼を倒した後でも、炭治郎からは本当はその鬼も救いたかったという気持ちが消えない。炭治郎がさまざまな思いを背負うようになってから面白くなってきたと思います」(井上・以下同)

 

■もともとは人間……悲しみ抱えた敵役

 

「僕は鬼の親玉である鬼舞辻無惨というキャラクターがいちばん好きなんです。敵である鬼のキャラが好きという人は多いんですよ」

 

鬼ももともとは人間だった。

 

「生まれついての悪じゃない。ボタンの掛け違いで悪になってしまっただけで、本当は善として生きていけたかもしれない。敵役が好きな鬼滅ファンが多いのは、それが大きいんじゃないでしょうか」

 

■主題歌も秀逸! アニメ向きの作品

 

作品の人気に火をつけたのが、’19年のアニメ化だ。

 

「刀による戦闘シーンが多いので、アニメのほうがわかりやすいと思います。漫画の後にアニメを見たら『このシーンはこんなに回転してたんや』とか。アニメはコマとコマの間を描けるので親切ですね」

 

アニメのオープニングの主題歌『紅蓮華』も大ヒット。歌ったLiSAは紅白出場も果たした。

 

「割とスローなトーンから入って一気に爆発する感じがこの作品ぽいし、オープニングの映像と歌の掛け算が非常によかった。オープニングだけで『鬼滅の刃』を見てみたいなと思わせる出来です」

 

映画版の主題歌は『炎』。やはりLiSAが歌っていて、10月26日付の週間のCDの売り上げやダウンロード数などの各種ランキングで1位を独占している。

 

■独立した作品として映画だけで楽しめる

 

映画はアニメの続きではあるが、独立した作品としても楽しめる。

 

「無限列車編はストーリーがそんなに長くないのがいいんですよね。だからアニメでやるより映画の1本でやるほうが描きやすかったんやろうなと思います。もちろん、漫画やアニメを見てから映画を見てもいいんですが、映画を見てから、漫画やアニメに戻るという楽しみ方もできるんじゃないでしょうか」

 

■作品はまだまだ続く! 次なる大ヒットの予感

 

漫画の単行本は全23巻だが、「無限列車編」終了時点で、まだ8巻までの内容しか消化していない。

 

「僕が好きな鬼舞辻無惨の物語が描かれるのもこれから。物語はどんどん盛り上がっていきます。そして、最後は驚きのエンディングが待っていますよ」

 

アニメの第2期の放送や、次の映画の公開が行われることは確実。これからも、楽しめるのだ。

 

“推し”の作品の大ヒットに、井上もご満悦と思いきや……。

 

「うれしいんですが、やはり僕のいちばんは漫画を好きになるきっかけをくれた『名探偵コナン』なんですよ。劇場版コナンの記録を抜かれてしまうと、複雑ですね(笑)」

 

劇場版コナンの興行収入1位は、2019年に公開された『名探偵コナン 紺青の拳』で93.7億円なのだが……。インタビューから数日後の10月26日、映画『鬼滅』の興行収入が公開10日で107億5,423万2,550円を記録したことが発表された。

 

友人の家でコナン単行本1巻を読んだことが漫画好きになったきっかけだという井上。「複雑ですね」と笑いつつも、アニメファンとして、連載開始時から『鬼滅』を見守ってきたファンのひとりとして、心の底からヒットを喜んでいる。

 

(取材・文:インタビューマン山下)

 

「女性自身」2020年11月10日号 掲載

関連カテゴリー: